ニーサを利用した投資と短期取引の尺度とセキュリティ

ニーサは毎年投資にかかる百二十万円までの利益が五年間に亘って非課税となる制度のことです。
ニーサは投資尺度の大きさから考慮すると、百二十万円を超える利益についてはニーサは適用されないので、大きな金額を毎年運用する人はニーサを利用することに積極的ではない場合が少なくありません。
ニーサの非課税になる利益は百万円から百二十万円に拡がりましたが、もっと拡がっていくという見通しもあります。
そして、投資尺度は長期取引で行うか短期取引で行うかについてで違ってきますが、一度使った運用枠はもう一度利用することができないため、運用枠をたくさん消費するスイングトレードやデイトレードなどといった短期取引より、株主優待や配当を受け取ることができる長期取引で運用する方が効率的であるとされています。
長期取引で運用するのにあたり証券会社の公式サイトのセキュリティについて不安を覚える人もいますが、ネット証券はニーサと一般口座を切り離して運用していて、ニーサを利用するためには一般口座にアクセスしてログインした後、ニーサにログインする必要があります。
自分のパソコンのセキュリティソフトをインストールしておいて、定期的にパスワードを変更し、不審さを感じるメールは、たとえ証券会社や銀行からであってもURLをクリックしたりせず、電話で証券会社や銀行に問合せてみるという風に対策を施せば、セキュリティについて深刻な問題は発生することはありません。
投資の尺度により、ニーサは要らないか、全体の投資の一部としてニーサを利用するだけで充分という方法もあります。
自分に一番合った方法は投資の用途やスタイルにより違うため、自分が一番納得できる方法が一番投資しやすい方法といえます。

ページの先頭へ戻る