三菱系銀行でできる投資信託と融資を利用した信用取引

投資初心者におすすめなのが、銀行で取引のできる投資信託です。ファンドと呼ばれることが多くなっています。三菱系の金融機関はとても有名で、多くの人がこの銀行に預金口座を持っています。これらの人は、その三菱系の銀行で、ファンドにチャレンジしてみましょう。
ファンドの購入は専用の口座を作るようにします。インターネットで取引できるファンドが多数存在します。手数料が圧倒的に安いため、最大限に利益を享受したい人に向いています。ブラウザ画面で簡単に注文できるのも便利です。
三菱系の銀行でファンドの専用口座を作る際には、手数料はかかりません。普通預金口座をすでに開設していれば、たったの3分で完了します。
ファンドは基本的に、現物取引で行われる方法です。例えば1万円で購入できるファンドがあれば、1万円の資金を集めて、購入するようにします。
投資の世界には、融資を受けることで、取引ができる方法があります。有名な手段が、信用取引というものです。株式投資では、現物取引以外に、信用取引を利用できます。証券会社から融資を受け、資金よりも多くの株式を購入できるというものです。
とはいえ、無条件で融資が受けられる訳ではなく、信用を得るために、一定の現金や株式などを担保として証券会社に預けることになります。
信用取引では最低でも、30万円の保証金が必要です。さらに委託保証率が30%を超えていなければなりません。どちらか一方でも欠けていると、信用取引を行えません。
現物取引の株式には特に期限は設けられていませんが、信用取引だと6ヶ月以内という期限があります。これ以内に、証券会社に借りた分を返さなければなりません。
信用取引は買いだけでなく、売りからも始めることができます。

ページの先頭へ戻る